犬の写真

犬の販売を承るホームページへ

犬をしつける方法
 犬を飼いたいと思った時、それぞれに理想の犬というものが心に浮かぶと思うのですが、私の場合、優しく穏やかでニコニコしていて、私の足元で私を見上げ、私を信頼しきって私の後からついてきてくれる・・・・というイメージがありました。  そこで私は性格を重視した躾のやり方を取り入れました。

 1. 犬を安心させること
   それには飼い主がまず落ち着かなければなりません。 飼い主が興奮すると犬はもっと興奮してしまいます。 犬を撫でる時には「おばあさんが日向で猫を撫でているイメージ」で。

 2. 一番好きなのは飼い主
   殴ったり蹴ったり、犬がダメージを受けるような叱り方はしません。   あくまでも飼い主は犬の最高に信頼出来る人間でなくては。    犬が悪いことをしていると、犬がこちらに気が付かない時に後ろから何かをぶつけたり、犬が噛んできたら偶然を装って歯に手をぶつけて、犬が怖がったり痛がったりしたら「まぁかわいそうに。 よしよし。 私が守ってあげるからね」と最高の飼い主を演じます。

 3. 怖さを教える
   その代わり、叱る時には真剣に大迫力で叱ります。  怒髪天を突くというか、怒りのオーラがメラメラと身体中から吹き出すような気持ちで叱ります。 犬はそういう雰囲気を非常によく感じ取ります。 あまりにもむかつく時には犬のすぐ横の壁や床を叩きます。    怒った後は必ず「座れ」など簡単なことをさせて、誉めてから終わりにします。   叱りっぱなしにして犬をしょげさせないこと。

 4. 飼い主
   食事は私が先。 散歩に出る時も玄関を先に出るのは私。 犬の行きたがる方向にはわざと行かない。 ロープでの引っぱりっこも絶対に負けない。 撫でる時もブラッシングの時も犬を呼びつけてからやる。 でも、犬との信頼関係が出来てしまえばこういうことは必要なし。

 5. 犬にとって必要な躾
  「お座り」と「待て」      一番簡単で一番肝心な躾。 極端な話これさえ完璧に出来れば他に何もいらない。 ノーリードの犬を捕まえる時も「座れ。待て」で捕まえられる。 服従心を育てる為にも毎日必ず何回かは実行させる。




  「ゆっくり」
      犬に引きずられて歩く姿はみっともないし危ない。      犬がぐいっと引っぱったらクイッと引き戻して「ゆっくり」と声をかけ      いつもリードをたるませた状態で歩かせる。 子犬の時から根気良く教える



ラブラドールレトリバー販売、子犬たちにすぐに出会えます犬の販売犬のその他犬のオススメ犬のモバイル 合宿免許リンク集看護師・医師・薬剤師関連リンク集飲食関連リンク集通販関連リンク集リフォーム関連リンク集法務関連のリンク集植毛関連のリンク集結婚・婚活リンク集構築・開発関連リンク集その他のリンク集それ以外のリンク集